協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 今週の政治騎手
  4. 【菅原明良騎手】高速馬場の副産物
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

今週の政治騎手

2022年05月13日(金)更新

【菅原明良騎手】高速馬場の副産物



先週から開幕した中京の芝は絶好の状態で、高速決着を連発していました。

土曜メインの京都新聞杯ではアスクワイルドモアが2.09.5秒という芝2200mの日本レコードで勝利したかと思えば、翌日の9R三方ヶ原ステークスを勝ったプリマヴィスタの勝ちタイムは2.09.0秒。アスクワイルドモアのレコードを0.5秒も塗り替えたのです。
とはいえ、成長途上の3歳馬や条件馬が日本レコードを出すということは、時計を左右する大きな要因として馬の能力以上に馬場の影響のほうが大きいのではないかと感じてしまいます。
いまの中京の馬場をGⅠ級の馬が走ったらどれくらいのタイムが出るのか気になりますが、さすがに1.0秒も2.0秒も大幅に更新するということはないのではないでしょうか。
というのは、競馬において大きな差が生まれるのはトップスピードの差ではなく、脚がどれだけ持続するかバテないかというところだと思うからです。3歳馬や条件馬でもゴールまでバテることのない馬場で大きな実力差を見せつけることは難しいと思うのからです。

NHKマイルカップは、菅原明騎手が騎乗したシンガリ18番人気のカワキタレヴリーが3着に入り、3連単153万馬券が飛び出す大波乱となりました。


≫ 続きはログイン内で


lock
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿がダービーまで無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
contents01
contents02
contents03
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿がダービーまで無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line