協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. マイルチャンピオンシップ、逆転をアドマイヤマーズに託す!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2020年11月21日(土)更新

マイルチャンピオンシップ、逆転をアドマイヤマーズに託す!



【阪神11Rマイルチャンピオンシップ】
(芝1600m 15:40発走)


阪神芝1600重賞の穴馬券トレンドは、「1400性」にあります。

sakai


先週、同じ舞台で行われたデイリー杯2歳Sでも、4人気3着スーパーホープは前走で1400を勝ち上がって参戦してきた馬。そのデイリー杯2歳Sで1400性のテーマを満たしていた馬は、スーパーホープとビゾンテノブファロ(8人気4着)のみ。強力上位2頭に次ぐ着順を拾ったことで一定以上の成果を挙げたと言っていいでしょう。

3連単330万2390円という超高額配当となった中京記念、勝ったメイケイダイハードの前走はダートながら1400、3着エントシャイデンの前走は1400安土城S。6人気2着ラセットにしても、最後の勝利は芝1400でした。
アーリントンCでは、京王杯2歳S勝ちのタイセイビジョン、前走1400勝ちのギルデッドミラー、OPのききょうS勝ちがあったプリンスリターンの3頭が上位を独占。
桜花賞で2着だったレシステンシアはファンタジーS勝ち馬でしたし、阪神牝馬Sは前走で1400重賞を勝っていたサウンドキアラに加え、前走1400からの臨戦だった11人気の穴馬ディメンシオンが3着と同時好走。

このように、最近の阪神芝1600重賞は、1400性を持った馬が穴を開けるケースが非常に多くなっています。
前走で1400を使っていた馬。1400重賞好走歴のある馬に注目する作戦が有効です。

今年のマイルCS、1400性を根拠に候補馬を抽出すると……

①ベステンダンク
(前走スワンS)

②レシステンシア
(ファンタジーS勝ち)

④グランアレグリア
(阪神C勝ち)

⑦アドマイヤマーズ
(前走スワンS)

⑨カツジ
(前走スワンS)

⑬タイセイビジョン
(京王杯2歳S勝ち)

⑭サウンドキア
ラ(京都牝馬S勝ち)

本命は⑦アドマイヤマーズ。前走で1400を走った上での距離延長。これが最新の阪神マイル重賞のトレンドにピッタリ。
休み明けよりひと叩きした後の方がパフォーマンスを上げられる馬で、58キロから57キロへの斤量減もプラス材料。香港マイル勝ちをはじめGⅠ3勝の実績馬にしては手頃な人気になりそうな今回が絶好の買い時と見ました。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line